そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【関心事】気が早いかもだけど、年末調整の話。 今年は不安要素がいっぱい!

こんばんは。

仕事が休みだった今日は、冷蔵庫にたまっていたゴミを片付けました。

お恥ずかしい話ですが、いつカラになったかも分からない調味料やドレッシングの容器がいくつも転がっていて

それらを一つひとつ洗って分別してゴミ袋に入れて・・・ 一人暮らしをいいことに、たまりにたまったツケを払いました(苦笑)。

おかげで冷蔵庫の中が見違えるようにスッキリし、入れた事も忘れていたお菓子の小袋も見つかって二重にハッピーです(笑)

やはり身の回りの事をきちんとしていないと、いい仕事もできないのかなと・・・ この歳になって思えるようになりました。


さてさて、かくもズボラな一人暮らし生活を送っている私でも、お金に関してはいい加減ではいられません。

先週図書館から借りた、お金に関する本を読んでいて、重要な事に気がつきました。


「そういえば、今年の年末調整ってどうすればいいんだろう・・・?」


年末調整(ねんまつちょうせい)とは・・・ まぁここで解説しても誰も読まないと思いますけど(苦笑)

簡単に言えば各個人が1年間に支払った所得税について、年末の最新情報をもとに修正をする手続きのことです(うん、簡単じゃない)

会社などからお給料をもらっている人は、一部の例外を除いて所得税が天引きされている(①)はずです。

これに対し、その人が1年間に支払うべき所得税の総額(②)は、その人の家族構成や給与額の変動、

1年間に支払った保険の掛け金等を考慮して、それらの情報が出揃う年末に計算されます。

ほとんどの人の場合、①と②の金額には差分が生じることになるので、それを修正するのが年末調整になります。

なおかつ年末調整を受けた多くの人は、払いすぎた所得税を返してもらえる(12月の天引き額と相殺)ことになっています。

(ある一定の条件下では、逆に納税額が増えることもある。 詳しくは「年末調整 追徴」あたりで検索を)


私もこれまで、毎年どこかの事業所で働いてお給料をもらってきましたので、年末調整じたいは毎回やっているのですが

手続きの大半はお給料や税金などを管理する部署の方が担当しており、自分で準備したのはいくつかの書類だけです。

① 扶養控除申告書(正式名称はもっと長いはずだが、ネットで検索するにはこれで十分だとか)

② 保険料控除申告書(1年間に支払った保険などの内容・掛け金を記載する)

③ ②に記載した保険料を支払ったことを証明する書類(保険会社等から年末に送られてくる)

なお、配偶者がいる場合は提出書類が1枚増えるそうだが、私は未婚だから関係ないや・・・(泣)


このうち①と②は例年だとその時期になれば勝手に(?)手元に届くのですが、今年は事情が違いまして。

現在の雇用形態の都合上、仕事場は近場なのですが雇用契約を結んだ会社の本社は大阪にあり、手渡しで書類をもらえる距離ではないのです。

また、ネットの噂ですが私の所と同じ業種の会社の中には、そもそも年末調整関係の話を従業員にしないところもあるそうで・・・。

そういう話を聞くと、ちゃんと手続きに必要な書類を渡してもらえるのか不安になってきましたので、

今月の給与明細が郵送されてくるタイミングで、本社に確認をとってみたいと思います。

もしダメそうなら、来年2月~3月に『確定申告』をする必要がありますので、そちらの準備も進めなければ。

(ちなみに、私には基準を超える医療費の支払い実績があるため、どちらにしても確定申告をしなければ損をしてしまう)


・・・と、半ば私自身の備忘録になってしまいましたね、今日の記事は。

この件については、また進展があり次第書くことにしようと思います。(場合によっては、新カテゴリーを立てるかも?)

お金のことは何でも人任せにせず、自分で知識を集めて行動するクセをつけるといいかな、と考え始めた35歳の秋(言っちゃった)


というところで、また明日から仕事を頑張・・・それなりに役目を果たしてきます。 

そいではねー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)