そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【雑感】お金も知識も、貯めるだけより使っていかないとね。

こんばんは。

これって、もう以前にも書いている話かもしれないけど書きますわ。

今日言いたいことはサブタイトルの通りです。

いえ、別に「大企業の内部留保が・・・」的な話をしたいわけじゃないですけどね。

あくまで自分がふと感じたことなので、そういうのを期待した方もお気になさらず。


”お金”と”知識”って、あればあるだけ重宝がられるし、人から一目置かれるじゃないですか。

だから、人は(できるだけ楽をして)お金を手に入れたいと思うし、知りたいと思ったことを勉強するんでしょう。

でも、それを貯めるだけ貯めた状態で過ごすのって、なかなかしんどい気がするんです。

お金が貯まると、今度はそれをなるべく減らしたくなくて、生活費や自己投資を削りたくなってしまうし(私だけだろうか?)

知識を貯めるだけだと、脳の容量にも限りがあるのでどんどん上書きしていかないといけなくて、結局忘れてしまうとか。


特に脳の上書きということで言うと「これはいいブログのネタになるな」と思って仕入れた情報を

「でも今日は書くの面倒だなー」なんて放置していて数日後にはすっかり忘れてしまっているとか、私にはよくあります。

お金は将来の備えとかにも使えるのでまた違う気もしますが、例え少額の買い物といえども

「今これを買ったら無駄遣いになるかなー」と思うと、やはり窮屈な思いをすることもあるんですよね。


なので私は、先月からパソコンで簡単な家計簿をつけることにしました。

家計簿といっても根がズボラな私のことですから、いちいち毎日記録せずにいいように

『1か月分の収入と預金残高、支出の内訳とその総額』をまとめて、エクセルに書き込んだだけのものですが。

でもこれをやると「今月はどれくらい自由に使えるお金があるか」というのが見て分かるので、精神的にはラクです。

もちろん、家計防衛のやりくりの鉄則として『先取り預金』というか『収入-預金=支出』のルールは守るようにしたうえで。


かの豊臣秀吉公も、こんな事を言っていたといいます。

「金銀を蔵に貯めたままにしておくのは、優秀な人材に仕事をさせないのと同じで、もったいないことだ」

今風に言えば『お金や知識は、いざという時にはパーッと使いましょう』ということかもしれません。

その『いざという時』の見極めが難しい現代と未来であることは承知で、そういう”勘”を養っていきたいものです。

でも無駄遣いも楽しいよね・・・ このブログでもどれだけ時間と知識をムダにしてきたかゲフンゲフン


そういうわけで、今日もオチは特にありません。 おやすみなさい。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)