そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【人生(仮)】2日がかりで考えたこと。 意味や評価を求めすぎて、身動きが取れないのかも。

こんばんは。

昨日は久々に(再開後は初めて?)ブログの更新ができませんでした。

体調が悪いという訳でもなかったのですが、どうも書きたいことがまとまらず

ズルズルと時間だけが過ぎ、気が付けば寝なければいけな時間になってしまったのでした。

更新を楽しみにして待っていた方がいましたら、すみませんでした。

で、昨日の分まで張り切って書こうとすると多分疲れるので、それなりに力を抜きつつ話をします。


以前から何度も書いている通り、今の仕事はそれほどプレッシャーのかかる業務ではありません。

毎日のノルマは一応ありますが、基本的に日をまたいで持ち越しなどはなく、その日その日で完結するため

家へ持ち帰ったり寝る前にあれこれ考えたりする必要がないことも大きいと思います。


ただ、これは私の性分なのかそれともよくあることなのか、仕事の内容よりも職場での人付き合いに神経を使います。

「自分からあいさつしたのに、相手は無言の上にこちらを見もしなかった」とか、されるとヘコみませんか?

もしかしたら気付かなかったのかも・・・ いや、ちゃんと相手の顔を見て言ったんだから、分かってはいるはず。

だとしたら、私が声をかけたのが気に食わなかったか、場合によっては私の存在そのものを嫌っているとか・・・

そういえば、学生の頃にもどんなにあいさつしても無視され続けた相手がいたな・・・ やっぱり嫌われているとしか・・・


あぁ、自分はどんだけ価値のない人間なんだ。  


「いくらなんでも考えすぎだろ!?」と思われる方も多いでしょうけど、これが私のデフォルトの思考回路だったりするわけで。

”未来はいくらでも変えられる”とは言っても、”変えられない過去”があっての自分ですから、いくらでも引きずってしまうんです。

そして、引きずられて行きつく先は決まって”自分はダメ人間”という定位置。

そうやっていくら自分を貶めたところで、他人が「よしよし」って慰めてくれる訳でもないのに、ホント飽きないよねぇ。

(そして、仮に慰めてもらえたとしても今度は「人に迷惑ばかりかけて、申し訳ない」・・・ どないせぇちゅうねん。)

読む方もさすがにイライラしてくると思うのでこのくらいにしますが、これを10~20年くらい繰り返しているんですよ、私の脳ミソは。

こんな”困ったちゃん”でも私の生命の一部なので、だましだまし付き合っていくしかないんじゃないか、と思っております。


じゃあその”だます方法”があるのかというと、今考えているのは”物事に、意味や評価をつけない”ということ。

さっきのあいさつの例で、相手が無反応だった理由が”私を嫌っているから”というのは、明らかに自分の思い込み。

仕事場ですから、相手も仕事のことだけを考えていてこちらに気づかなかった可能性だってあるわけですし。

本当のところは、相手に聞いてみなきゃ分からないですよね。 (聞いたところで『アンタが嫌い』と面と向かって言う人は少ないだろうけど)

自分の中で”あいさつを返してもらえなかった意味”を勝手に作ってしまっているから、苦しくなるのかもしれません。

同じように”相手は私を「ダメな奴」と思っているにちがいない”というのも、自分が勝手にそういう評価に落とし込んでいる可能性も。

本当かどうか分からないことを信じて、心や身体を傷つける。 不合理極まりないことですが、これに苦しんでいるのは私だけではない気がします。


ふと考えたのですが、子どもの頃はもっと純粋にいろいろなことを楽しめたはずでした。

砂場に行けばとにかく大きな山を作って、喜んでいました。 次の日雨が降って、崩れていると悲しかったり。

そのうちに他人との勝ち負けとか、優劣とか、性別・性格・考え方の違いとかに”意味”や”評価”をつけて、自分を定義づけしていきます。

それは人が成長する上で避けては通れない道なのですが、それが行き過ぎると”意味”や”評価”がないと行動できない大人になってしまわないだろうか。

「意味がないことは、したくない」

「評価されないなら、やってもしょうがない」

それを避けるために、自分の思考や行動には事前にあれこれ意味をつけ、終われば他者からの評価を求め。

自分を定義づけ、言い換えれば「自分がそこにいる、それをやる理由」という生きる根拠のようなものになり。

不運にもそれが揺らぐことがあると、”意味がない、評価されない自分”の存在価値そのものが危うくなってしまう。

そうならないためには、子どもの頃のように”意味も評価もない、ただただ楽しいこと”をやっていくことも必要なのかなぁと。

「そんなことして意味あんの?」とか「他人に笑われるかも?」と思っても、自分が楽しくなれることなら(社会のルールや法律を破らない範囲で)やってみたらいい。

ちなみに私が今やってみたいのは「戦国時代をテーマにしたゲームを作ること」「サッカー・Jリーグの年度ごとの結果を調べてまとめること」です。

前者は知識・技術・資金などハードルが高くすぐには実行できませんが、アイデアを考えるだけでもすでに楽しいです。

後者も「いったい何の意味があんねん!」と言われそうですが、こういうデータを集めてまとめる作業が昔から好きなんですよ、私。

それこそJリーグが始まった頃、小学生だった私は架空のチームとリーグを作ってサイコロで勝敗をつけ、順位表や星取表をノートに(以下略) 


こういうことを大事にしていけたら、仕事や人生で多少のつまづきがあっても、生きていけそうな気はしてきます。

あ、このブログだってそうか。 ”意味”がなければ”評価”もいらない、どこぞの誰かが趣味でやっているものだったね。


というわけで、今日はマジメでしたが下らない話もいろいろしていきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

明日は土曜日なので、例の歴史連載ネタですよ。 お楽しみに。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)