FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】クリスマスイブに雪は降らず。 『ぼっちは寂しい』と言うけど、価値観は人それぞれ。

こんばんは。

今日は12月24日、クリスマスイブですね。

仕事が休みで買い物に出かける途中、近くの洋菓子屋さんに長蛇の列ができていました。

ほとんどが子どもを含む家族連れで、今頃はケーキを囲んで楽しいパーティーでしょうか?

独身の方でも、愛する人とともに『一年に一度の特別な夜』を過ごす方も多いのでしょうねぇ。

え、私ですか?? そりゃもう、こんな時間(18:30)にブログを書いてる時点でお察しでしょうよ・・・(泣笑)


近年は『クリスマスなのに独りぼっち』⇒『クリぼっち』なんて”隠語”まで生まれているそうですが。

そういうのは『自分はぼっちじゃない(と思いこんでいる)人の勝手な”哀れみ”の感情』に過ぎず、多くの当事者は気にしてないのでは。

もちろん『クリスマスにひとりは寂しいぞー!!』必要以上に煽るマスコミやSNSの住人などの影響もあるのでしょうが、

嫌々ながら喧噪あふれる街中に出向いたり、浮かれ気分の他人に合わせたりして疲れを溜めてしまうのを避けて

自分自身と向き合う時間を大切にしたい人だっているわけですし、それを否定する権利など誰にもないはずで。


まぁサービス業者とか商売人から見たら『家で引きこもってないで、ウチの店で金使えよ!』というのが本音でしょうけど、そういう人は金もそんなに持ってないですって(個人の見解)

わざわざ冬の寒い中を『ウェーイ!!』とか言って練り歩いている連中の方がよっぽど金持ってるし、

浮かれ気分で財布のヒモも緩くなってるから、そっちにアタックした方が絶対効率がいい(あくまで個人の見解)

もちろん『人が苦手だから』と言って人付き合いを完全に遮断するのも、人生全体におけるリスクが確かに高いのですが

一年のうちのほんの一日、しかも日本の歴史や思想と直接の関係がない一日を一人で過ごすことに対して

『やーいぼっちぼっち』と言われなあかんのですか。 『カラスの勝手でしょ』じゃないけど、放っといてくれよ。 なんてね。


まぁなんぞかんぞグチグチ言いましたが、要は自分のプライドというか、いい歳して一人でいる事に後ろ暗さがある証拠かもしれません。

だからといって、一緒に過ごす相手がいる方に対して羨(うらや)みや妬(ねた)みがある訳でもございませんので

大半の地域では『ホワイトクリスマス』とはならないような感じですが、どうぞ大切な時間にして頂きたいと思います。

さーて、明日も仕事だし早めに寝るか・・・ っと、その前にスマホゲーのクリスマスイベントを完結させないと(一人の夜でも充分満喫している様子である)


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)