FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】昨年分の確定申告、ひとまず決着の巻。 これからの方は、早めのご来場を。

こんばんは。

ツイッターの方でもつぶやいたのですが、今日は仕事の休みを利用して確定申告をしてきました。

下準備はネットで調べながら進めておいたものの、会場に出向いての申告手続きは初めてでした。

(申告自体は以前にもした事があったが、医療費控除だけの場合は期間前でも受け付けてもらえた)

果たして、どんな感じで申告をすればよいのか?  備忘録的なことを書き残そうと思います。


私の住んでいる自治体では、申告会場は市役所ではなく、駅のすぐ近くにあるイベント用ホールでした。

平日の朝9時から始まると知って、申告期間も序盤の今ならそれほど混んでいないだろうと思い、9時少し前に会場に到着。

ところが・・・ すでにメイン会場となるホールの前には、入場を待つ人、ひと、ヒト。

係の方から整理券を受け取った9時ちょっと過ぎの時点で、すでに”40人待ち”の状態でした。

『こーりゃ1時間くらいは平気で待たされるな・・・』と覚悟したのですが、思ったより人の回転は速くて

30分くらい待ったところで、自分を含む5人の番号が呼ばれたので、書類一式を持って待合スペースを立ちました。


整理券の番号を見せると、受け付けの係員が聞いてきます。

「今日はどういった申告ですか? 書類はありますか? 記載もれや印鑑の押し忘れは(以下略)」

いやそんないっぺんに聞かれても答えられんよ、と心の中で苦笑しながら、

今年申告したい内容と、すでに書類一式は作ってきたこと、記載内容に問題がないか点検してもらいたいことを伝えました。

すると係員は「分かりました、ではこちらへ。」と、長机についたてを何枚か立てた、急ごしらえの窓口に通されました。



なお、この窓口コーナーの奥にはパソコンが置かれた机が並んでいて、事前に書類を作っていなくても

係員の説明を受けながら、パソコンを操作して必要事項の記載と印刷まで行えるようになっているのですね。

ただ、こちらに通されると一人ひとりの対応に要する時間が格段に長い上、パソコンに不慣れそうな年配の方も多かったので

もし私が自宅での書類作成を面倒くさがっていたら、パソコン操作待ちの列でさらに待たされる事態になっておったわけです。

少しでも早く家に帰りたい私は『あぁ、事前に用意しておいて良かった』と、心から思ったのであります。


で、話を本筋に戻しますと。

長机の向かい側に別の係員があらわれ、書類の記載内容を点検してもらいました。

時折「少々お待ちください、えーと・・・」と言いながら、分厚い”ガイドブック的なもの”をめくって目を通し、また書類の方を見て・・・

およそ2~3分して、「金額の間違いまでは分かりませんが、記載内容はこれで問題ないです」との回答を頂きホッと一安心。


ただ、少額ながら”ネットを通じて得た雑収入(怪しいビジネスではござんせん)が1件あることから

『この金額を得たことを証明する、パソコンのスクリーンショットなどの提出を求められるかもしれません』とは言われました。

もちろんそれを用意する方法は見当がついているし、今すぐに持って来ないといけないものでもないので

お礼を言いつつそのコーナーを離れ、会場出口付近にあった「書類提出コーナー」に寄って、提出してまいりました。

結果的に、会場に着いてから駐車場を出るまで1時間ほどで済みました。 午後からとかだったら、もっと待ってたろーなー・・・。


私の想像ですが、こういうのは期間の後半になるほど混みあうようになっていると思われます。

それに、早めに行って「もし何か不備があっても、直してまた持ってくればいいや」と構えるのと

終了目前で「なんとしても今日済まさないと、申告できない!」と焦るのとでは、気持ちの面でもかなり違いますから。

自分で日時の都合をつけられる方は、時間的・日程的にゆとりを持って会場に向かわれることをお勧めしたいです。

あとは、何か専用の機器が自宅にあれば会場に出向かずに申告できるらしいですけど、私は多分その器具は買わないなぁ・・・

今年もまた年末になったらヒイヒイ言いつつ、各種の証明書類や領収書の山と戦っていることでしょう・・・(医療費が減れば別ですが)


ともあれこれで一つデリケートな案件が片付いたので、今日は枕を高くして眠れそうです。

明日は仕事ですけど、まぁ心身を壊さない程度にやってきます。 では。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)