FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】三十代も半ばを過ぎると、睡眠の質や量にも敏感になるのか。

こんばんは。

今日は月に一度の『大きな病院』に行ってきまして、この時間の更新です。

幸い、ここのところは体調・メンタルともに大きな崩れはなく、薬の量もひとまず据え置きといったところで。

以前は”気持ちがしんどくなった時に飲む薬”をたびたび使っていましたが、もう半年くらい飲んでないですかね。

もちろん自分自身の考え方とか、心の持ち様が少しずつ変化してきているのも、要因としてあるとは思いますが。


それはそうと、薬ってだいたい飲むと眠くなる成分が入っていますよね。

睡眠を補助する薬に限らず、風邪薬とか今の時期だと花粉症の薬とかは、飲むと眠くなる種類のものが多いです。

これは、薬の効きをよくするために身体を『安静な状態にする=寝る』に持っていくためだそうですが。

今は新薬の研究が進んで、テレビCMやネット広告でも『昼間飲んでも眠くなりにくい!』という商品も見かけるように。

『体調が悪くても休めない!』なんて方には嬉しい進歩(・・・なのか?)ですが、具合が悪い時は休んでおいた方がいいと、個人的には思います。


いやね、私自身も30代後半になったからか、睡眠不足だと日中のパフォーマンスが落ちるのがはっきり分かるんです。

今は身体を動かす仕事ですから、眠気を感じてもある程度は我慢できるんですけど、デスクワークだったら確実に”ウトウト”してますね。

ホント、深夜から早朝までコンビニでバイトして、そのまま大学に行く元気があった二十歳そこそこの頃が輝かしく見える・・・

でもね、『睡眠負債』なんて言葉があるように若いうちの睡眠不足のツケは、年取ってから襲い掛かってくるそうですし。

なので、今は何を置いても睡眠時間を7時間は確保。 布団に入って10分くらいで眠りに落ち、気が付いたら翌朝という流れが理想です。


いずれは薬のチカラを借りずに、この状態がキープできるようになるのが理想ですが・・・ 果たしていつになることやら。

とりあえずは日中の眠気を誘うポカポカ陽気に負けないよう、夜はしっかり寝ようと思いました。


では、今日はそろそろお開きということで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)