FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【人生(仮)】世の中にあふれる”普通”や”常識”って、何を基準にしたものだろう?

こんばんは。

今日は朝から降りそうな雰囲気があって、昼前からは結構激しい雨音が室内でも聞こえてましたが

これを書いている夕方になるとすっかり止んで、窓の外には青空と夕焼けも見えています。

日没までに書き終わったら、ちょっと散歩に行こうかしら・・・? (少しお酒入ってますが)


さて・・・仕事をしていない日中、しかも家の中ですることはある程度パターン化されてきます。

決まった時間に起きて、飯食って、ゲームにログインして、少し身体鍛えて、ブログ書いて、ツイッター見て。

ツイッター・・・ これは時間を決めて、というより時間があったら見てしまう、といった方が正しいですが(汗)

一つひとつのツイートをにじっくり目を通すことは少ないものの、たまに『これは!?』と考えさせられるものがあります。

今日の話題は、そういった”あるツイート”から広げていこうと思います。


最近フォローした”ある方”が、このような事をツイートしていました。

「今の社会が求める『普通』や『まとも』の基準が高すぎて、それを真に受けて苦しむ人が多くいる」

一種の”お悩み相談”的なつぶやきに対するツイートだったのですが、私にも心当たりがありまして。

「将来の夢・・・? とりあえず普通に大学に入って、普通に学校の先生になって、普通に結婚して、普通に子ども育てて・・・」

高校生の頃にはこんな事を考えていたような。 ”学校の先生”を”良い会社”に置き換えたら、より一般論になるかも。

でも36歳になった私は、大学は出て一時は学校にも勤めたけれど、結婚も子育てもしてないわけで。

当時の私に言わせたら、明らかに『普通じゃない』人生ですよね。 ただ、そんな自分が不幸だとは思わないんです。


もちろん、好意を持った異性とお付き合いして、家庭を築ける関係になることは、人生において有意義なものになるでしょう。

そして子どもが生まれて、育てる中で得るものも大変に多いでしょうし、それは人類が受け継いてきた”営み”ともいえるもの。

ただ、現代では「未婚化・晩婚化」や「所得の伸び悩み」などを背景に、誰しもが必ず通る道ではなくなってきているのも事実。

ある程度の所得があって、交際を続ける時間もあって、何より”この人なら!”と思える出会いを得る機会があるかどうか。

非正規の職で昼夜問わず働き、自分ひとりの生活を維持するだけで精一杯。 そういう人に『普通は・・・』なんて言っても、虚しいところです。


そう考えると「結婚するのが『普通』」とか「子どもを育てるのが『普通』」というのは、いつ誰から教わった価値観だったのだろう?

周りが「そうした方がアナタのためだよ」と言ってくれるから? 逆に「そうしないなんて、アイツはおかしいヤツだ」と後ろ指をさされないため?

”自分(または親や子ども、親しい相手)が周りから『おかしいヤツ』と笑われないため”に、理想の姿を『普通』の2文字に落とし込んではいなかったか?

そして、昔の自分が(無意識のうちに)納得していた『普通』は、何十年も経った現在でも『普通』なのか??


・・・うーん、酒の影響か普段のウップン晴らしか、ちょっと思考の迷路に入り込んでしまった。 冷静になりますね。

何が言いたいかと聞かれれば、他人の言う”普通”とか”常識”って、その人自身の知識や価値観による線引きに過ぎないのでは、と。

例えば「これくらい『普通は』知ってるだろ、『常識』だろ」という時、「自分が(たまたま)その知識を持っていた」という事実を基準にしゃべっています。

私もたまにあるのですが、「相手が知らない情報を知っている自分は、相手より優れている」という錯覚に陥ることがあってですね。

もちろん逆に「自分が知らなくて相手は知っている」情報だって無数にあるはずなのに、”とにかく相手より優位に立ちたい”という心理があると

「こんな事も知らないのか」とか「だからお前はダメなんだ」みたいに、相手の全てを否定してしまう物言いになってしまう恐れもあって。

一対一の会話でも怖いのに、ネットやSNSを通じて”顔も知らない不特定多数の相手に対して”やっている人の何と多いことか・・・ 

「勘違いしている人が多いですが・・・」なんて書き出しで始まる文章を読むと、こっちがヒヤヒヤしてしまうのですよ。

「自分が知っていることだけが真実、後はすべて間違い!」と言うと、聞く(読む)人をひきつけますがリスクも大きいですから。

どんなに自分がある分野に詳しいと思っていても、知らない事は必ずありますし自分より詳しい他者は必ずいるものです。

(ついでに、そういう人に限って自分の知らないことに言及されると「そんな事、フツーは知らないし!」で逃げたりする。)


またグダグダになってきたのでまとめると、”世の中の『普通』や『常識』って、絶対に守らなきゃいけないものでもない”と。

極めて当たり前の結論なのですが、特に日本人は”出る杭は打たれる”というか”周りから外れてはいけない”と思い込むばかり

誰かが決めた”基準”に自分をはめ込むことが当たり前になっていて、その”基準”自体も時代の変化に即していないのでは、なんて。

別の例えをすると、昔から「大学出ていい会社に入って、定年まで働くのが『普通』」なんて言うけど、今の新社会人はどう思っているだろう。

有名な大企業でも一つの不祥事で経営難に陥ったり、海外の大企業に買収・統合されたりするのが当たり前の時代。

入った会社が30~40年後までそのまま生き残っている保障なんてないし、転職や副業に寛容な見方も広がりつつある。

そんな社会の変化の中で「何が何でも新卒で入った会社にかじりつけ、それが『常識』だ!」と言い切るのは、ちょっと乱暴なのかも。

まして私自身も離職⇒転職を何度も経験して、今もって無職なわけですから、そんな『常識』で飯は食えねぇ!と今なら言えるのですが。

特にこれから社会人になる人は、学校を出るまでは「親や先生の言う事を聞く」でいいのかもしれませんが

その合間を見て「自分の価値観で自分を動かす」練習をした方がいいのかもしれません。 

大事なことは自分で動いて覚えていかないと、誰も教えてくれませんから・・・


あー、久々にいろいろ吐き出したらなんかスッキリした(笑)

人間、勉強や取材といった”インプット”も大事ですけど、時には思い切って”アウトプット”することも必要ですね。

頭に詰め込んで考えているだけだとどうしても煮詰まってしまうし、何より外に出すと他者との接点ができる可能性がある。

リアルで他者と接する機会が激減している今の自分にとっては、精神衛生上も良いことだと思います(仕事は探せよ)。

場合によっては相手に”突き刺さってしまう”場合もありそうですが、表現等は極力気を付けるようにするのでどうかご容赦を。


そんなところで、外はだいぶ暗くなってきました(日は長くなってます)。

明日はスッキリ晴れるといいけどなぁ。 ではまた。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)