FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【お楽しみ】初めての”生”落語鑑賞。 やはり迫力がケタ違いでした。

こんばんは。

今日は早速、こちらの写真から。

寄席

ガラスの反射で見えづらくなっていてすみません(立て看板があれば良かったのですが・・・)。

テレビ番組『笑点』でおなじみ、人気落語家の三遊亭小遊三師匠林屋たい平師匠

市内のホールで落語の公演会を行うことを知り、チケットを事前に買っていたので、本日行ってまいりました。

天気予報では雨のマークも出ていたのですが、いざ出掛けてみればすっきりとした青空。 車やバスを使わずにすみました。


後で訴えられてもいけないので(誰から?)、公演の詳しい内容は書けませんが、言えるのは「行ってよかった」ということ。

当たり前だと言われそうですが、やはりテレビで『見る』のと現場で『観る』のとでは、面白さが格段に違うものですね。

舞台上の演者さんと、楽しみにして観に来たお客さんとの『真剣勝負』というか、『空気』を共有する感覚というか。

芸人さんが言う『ウケる』とか『スベる』っていうのは、笑いの量もそうだけど、お客さんをどれだけ自分の世界に引き込めるか、なのかも。

もちろん、お二方とも持ち時間の30分があっという間に感じるほど、私もお話の世界に引き込まれてしまいました。

・・・ところどころに『笑点』メンバーのネタを混ぜ込んできたのは、やはりお約束なのでしょうけど(笑)


あ、そういえば会場で宣伝してたんですけど、7月には黄色い着物の人(笑)が鳥取市に来るらしいですよ。

興味があってお近くにお住まいの方は、詳細を調べてみてくださいね。

それでは、ブログの方は特にオチもなく今日はこのへんで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)