FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【旅日記】ブログ主、大阪へ行くの巻。 ~後編とエピローグ~

こんばんは。

今日は昨日に引き続き、月曜日に行った大阪旅行の道中記・後編をお送りします。

※旅に出たいきさつと、道中記の前編は【こちら】からご覧になれます


さて、同行していた母と別行動することになった私は、どこへ向かったかというと。

20180514 に

【前編】でご紹介した”あべのハルカス”の展望台からも見ることができた、大阪伝統のランドマーク。

大阪に行った事がない方でも、おそらくその名前は聞いたことがあるでしょう。 『通天閣(つうてんかく)』

せっかく大阪に来たのだから足を運んでみようと、劇場(の近くの真田幸村の石碑)からの道筋をスマホで検索しました。


それに従って、一部の業界(どこ?)では『西の秋葉原』と称されるサブカルチャーの街・日本橋(にっぽんばし)を散策しつつ

前の仕事で鍛えた自分の脚力を信じて、ひたすら歩くことおよそ1時間(これが後に悲惨な事態を招くが)。

大通りに面したビル街から小道へ入り、『新世界』と呼ばれる界隈から見上げた通天閣はこんな感じ。

20180514 ほ

当然ながら、山陰地方にはこれだけの存在感を放つ建造物はありませんので、新鮮な驚きがありましたね。

タワー部分は地上5階+地下フロアという構造で、4階と5階が展望台になっており、他は資料室やお土産屋さんなど。

スタッフさんがちょいちょいボケをはさみつつ記念写真を撮ってくれる(※)コーナーもあり、楽しめました。 (※)気に入った写真は購入も可能


あと、これは完全な偶然ですけど、こんな”出会い”もありました。

20180514 と

20180514 ち


福岡から出てきた”猿回し”の芸人さん(とお猿さん)による、15分ほどのパフォーマンス舞台。

写真に出ている『2足歩行』や『高跳び』の他に、竹馬に乗って歩いてみせたりもしていました。

芸人さんの顔が思いっきり映っていますが『どんどん拡散してください!』とご本人が言っていたので、遠慮なく載せます(笑)

犬や猿など動物に芸を仕込むのは大変そうですし、それ以前に関係が築けていないと、言う事を聞いてくれないですからねぇ。

舞台に上がるまでには、多くの時間と忍耐力を費やしてきたんだろうと思いながら、感心して見ていました。


余談ながら、私は『世界に3組しかいない』という【”ネコ”のサーカス】を見たことがあります・・・

20180514 る
※画像はイメージです。実在の団体とは関係ありません。


閑話休題。

本場の”芸人魂”と”大阪の味(たこ焼き)”を堪能した私は、もう一つの”目的地”へ。

通天閣とあべのハルカスに挟まれた『天王寺公園』の構内にある、茶臼山(ちゃうすやま)です。

戦国時代に詳しい方には説明不要かと思いますが、そうでない方もいるので概要をば。

1614年から翌1615年にかけて、大阪城周辺を舞台に繰り広げられた『大阪冬の陣』『夏の陣』

江戸に幕府を開き、全国の大名に動員をかけた徳川家康が率いる総勢30万(諸説あり)の包囲軍と

”太閤”豊臣秀吉の遺児・秀頼と”天下一の城”大阪城に己の運命を託した牢人(ろうにん)衆を主力とする豊臣軍による、最終決戦。

当時の大阪城で地形的に最も守るのが難しいとされた南方面に、真田幸村(信繁)らの提案で『真田丸』と呼ばれる”要塞”が設けられたのは

2016年に放映された同タイトルの大河ドラマでも再現された通りで、記憶に新しい方も多いかと思います。


そして、現在の大阪城から見ても南側に位置する茶臼山は、攻撃側と防衛側の両者にとって重要な場所でした。

『冬の陣』では、この場所に徳川家康が本陣を置き、真田丸での戦況を見守っていたとされ。

『夏の陣』では、冬の陣の講和に際して真田丸を取り壊された後、家康の首を狙う真田幸村が陣を置いた場所でした。

20180514 り

・・・と、現地の案内板にも書かれています(わざわざ書かなくても良かったじゃん)


ウワサによれば大阪人の心境は断然幸村ひいきが強いらしく、この場所も完全に『幸村リスペクト』に占められていました。

標高26メートルの”山頂”には、幸村をイメージした”のぼり”や彼の伝承を紹介する看板が立つ一方、家康の情報は皆無でした。

20180514 ぬ



ともあれ・・・家康と幸村、どちらのファンにとっても当時のロマンに浸れる場所であり、一粒で2度おいしい名所と言えるでしょう。

20180514 を20180514 わ

さて、あなたはどっち派?


・・・というところで、大阪観光の記録は以上となります。

この後は、母を迎えに劇場まで歩き(またかよ)、2人して電車を乗り継ぎ、親類の家で1泊。

そして翌日の朝バスに乗り、およそ6時間かけて山陰まで帰ってきたというわけです。

実質は7~8時間ほどの滞在でしたけど、かなり濃密な時間を過ごせたんじゃないかと思います。

ただ、地下鉄代をケチって2万歩ほど歩いた代償か、今日になってもふくらはぎの筋肉痛が癒えませぬ・・・

しっかりタンパク質を摂って、早いうちの回復を目指したいところです。


というところで、久々に写真をふんだんに使った記事にお付き合いをいただき、ありがとうございました。

明日からは通常営業に戻りますので、またよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)