FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【お楽しみ】大相撲の決まり手、10個も知っていれば充分楽しめる説。

こんばんは。

今日はいかにもな梅雨空で、時々激しく降る様子もありました。

昨日の宣言通り、ゴミ出しと買い物で最低限の外出を済ませ、あとは家でおとなしくしていました。

そうなると、どうしてもパソコンに向かう時間が長くなってしまって、いけませんねぇ・・・

動画やら何やら見ていたら、すぐに時間が経ってしまうし、脳にも疲労がたまるし・・・ 分かっちゃいるけど、ねぇ。

早めにブログ記事まとめて、しっかり寝ようっと。


そんな本日のネタですが、タイトルの通りです。 本場所中でもないのに相撲ネタ。

昨日行った図書館で、興味を持って借りてきた大相撲の本に触発されて、書いてみます。

相撲で勝負がつくと、必ず(ごくまれに例外もあるが)『決まり手』というものがつきます。

大相撲中継でも『ただいまの決まり手は”寄り切り”、寄り切って○○の勝ち』なんてアナウンスを聞きますね。

この”決まり手”って、いったい全部でいくつあるのか、気になったことはありません? うん、無いならそれはそれでいいけど

ブログ主が子どもの頃は『大相撲四十八手』なんて憶えていたものですが(実際は”56種類”あったもよう)

その後次々と新しい技が追加されて(格闘ゲームみたい)、現在では”82種類”まで増えているらしいんですね。

だからといって、それら全ての決まり手が1場所で見られるのかと言えば、そんなことはなくて。

1日に何十回も見る事のできる決まり手から、10年かかっても見ることができないような技まであるわけです。


そこで、今回はブログ主がネットで拾ってきた『多かった”決まり手”ランキング』を2種類紹介しておきます。

それぞれ別のサイト様が調べたもので、対象の期間や母数(取組数)は違いますが、一定の傾向は見えてきます。

サイトAサイトB
第1位寄り切り(32.4%)寄り切り(26.5%)
第2位押し出し(20.9%)押し出し(21.7%)
第3位はたき込み(7.8%)はたき込み(6.7%)
第4位突き落とし(6.3%)上手投げ(6.0%)
第5位上手投げ(3.9%)寄り倒し(6.0%)
第6位突き出し(3.5%)引き落とし(5.6%)
第7位押し倒し(2.7%)突き落とし(4.2%)
第8位引き落とし(2.7%)押し倒し(3.2%)
第9位寄り倒し(2.7%)送り出し(3.1%)
第10位送り出し(2.4%)下手投げ(2.9%)

3位までを共通の決まり手が占め、なおかつ全体における割合の合計も5割を超えていることがわかります。

対象の時期としては『サイトA』の方が新しいものですが、『サイトB』でランク外(13位)の『突き出し』が

6位に躍進しているのが、特徴といえば特徴といえるでしょうか。 (ここでは原因の考察まではしませんが。)

あと、ブログ主の中では「上手投げ」がもっと多いかと思ってたんですけど、意外と少ないですね・・・

(4%は、例えるなら『1日の中入り後の取組(約20番)の間に1番、多くても2番』くらいの率になる)


結論としては・・・普段テレビで相撲を見て楽しむ分には、ここに出てくる決まり手ほど知っておけば

「あ、今勝った力士はこういう攻め方が得意なのかな」みたいに、力士の個性や得意技などが見えやすくなると思います。

同じ相撲取りでも、突き押しが得意な人もいれば投げが強い人もいるし、その違いのぶつかり合いが土俵上の勝負を熱くします。

ま、こう書いてるブログ主も『はたき込み』と『引き落とし』と『突き落とし』の違いを説明できないレベルなので(←おい)


そんなところで、次の相撲ネタは名古屋場所の番付が発表される頃ですかねぇ。

それまで、借りてきた本を読んで予習しておこうっと。 ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)