そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【雑感】昨日は昨日の風だった。

こんにちは。

お昼休みにツイッターで知ったのですが、小林麻央さんがお亡くなりになったそうです。

乳がんを患い闘病生活中だったこと、病床からブログを更新し続けていたことは

ごくまれに見るテレビの報道などでうっすら記憶していたのですが、突然の訃報に驚いています。

まだ34歳、自分と同年代の著名人がこうして世を去ってしまうのは、残念なことです。


「明日は明日の風が吹く」なんて言葉があります。

過ぎた事をくよくよ考えていても仕方ない、開き直って明日を生きよう、という意味だったと思います。

しかし、誰かにとって明日が必ず来るという保証はないですし、ましてや今日よりいい日になるとも限りません。

麻央さんには明日は来ませんでしたし、麻央さんの夫・市川海老蔵さんにも辛い日々がしばらく続くでしょう。

そして私も含めて、今の社会で将来に楽観的見通しを持って生きている人というのは、非常に少ないような気がします。

「明日はきっといい事あるさ」と言われても、気休めにもならないと思う人も多いのかもしれません。


そんな事を考えていると、昨日の自分を思い出していました。

実は昨日、職場でちょっとしたトラブルに遭い、精神の平静が保てなくなりました。

「自分は必要とされていない、いらない人間だ」という考え方のクセが、久しぶりに飛び出したのです。

まだ入って日が浅いこともあり、職場の人から怪しまれたり心配されたりはありませんでしたが、

自分の能力の低さや、こういう思考に陥ってしまったことを情けなく思っておったのです。


それでも、一晩寝て今日になって、昨日と同じ仕事をしていると、また別のことを考えていました。

職場でそういうことがあったのを感じさせないブログ記事を書けたのは進歩だと思えましたし、

「いらない人間」なんて周りは誰も思ってなくて、自分の思い込みに過ぎないんじゃないか、と。

昨日の情けない自分の姿を一歩高い位置から見ている今日の自分がいるイメージで、

過去の至らなかった部分、うまくいかなかった原因を自覚して、改善していくことはできるんですよね。


何が言いたいのかというと、明日の風向きがいい方向に変わることを期待する生き方より、

昨日の自分を振り返って何かを学び取って、より良い今日の自分を作っていけたらいいな
、ということです。

嫌なことがあっても気にしすぎることはない、というメッセージは共通している気もしますが。

明日の風向きは分からないけど、少なくとも昨日と全く同じ風が今日も明日も吹き続けることはないんです。

だから「昨日は昨日の風だった」と割り切って、しぶとくたくましくいきましょう。


昨日の自分だけでは学び足りないなら、自分が生まれる前の時代を生きた人々の歴史を学んでみるのもいいです。

明日の土曜日は、このブログも歴史ネタでいきますのでどうぞよろしく(←結局そこかよ)


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村



【日常】季節外れの、小さな幸せ。

こんにちは。

今日は仕事からの帰りに、図書館とコンビニに寄りました。

図書館では借りた本以外にいろいろ立ち読み・座り読み(?)したので、帰りが遅くなりました。

コンビニに寄ったのは、仕事の休憩中にある『ウワサ』を耳にしたからでして・・・ これが今日のネタです。


『某コンビニチェーンでは、毎月22日だけ店頭に並ぶ限定スイーツがあるらしい・・・!?』



スイーツには大して興味がないけれど、『知ってしまったからには行かねばなるまい』というのがブロガー根性。

情報では仕入れがある店とない店があって、運が悪いと出会えないとのことでしたが

ちょうど帰る途中にあった最初のローソンで、見つけることができました。  今日は運がよかった。

ということで、『22日にしか出会えないスイーツ』がこちらです。(例によって購入後、車内で撮影・実食しました)

22日限定

おなじみロー○ン(なぜ伏字・・・)の、『プレミアムロールケーキ いちごのせ』。

こちらの看板スイーツであるロールケーキのクリーム部分に、カットされたいちごをあしらった一品です。

それにしても、春先でもないのになぜいちご・・・?  答えは、すぐにわかりました。

上にはいちご

『カレンダーの22日の上には、いちご(15日)がのっている』・・・ってダジャレかよっ!?

昨日の「トイレ=山」の逸話といい、日本人は本当にダジャレが大好きなんだな・・・と思いつつ、袋を開けると。

ワンポイント

クリームの中央にポツンと置かれたいちごが、なんともかわいいというか儚げというか。

なんだか食べるのがもったいなくなるような見た目ですが、生ものなので早めにいただきます。

味は・・・ 甘い・甘い・すっぱい。 (まこな。にグルメレポートの出来を期待してはいけない)

いちご風味がうっすら移ったクリームに負けず劣らず、スポンジ部分の甘さも結構なものでした。 

いちごは1粒の4分の1ほどの大きさでしたが、口に入れるとしっかりその存在を主張してくれました。 うまい。

気になった方は、来月の22日をめがけてお近くのロー○ンに出かけてみてはいかがでしょうか。


いやはや、世の中には知らないことが多いですね。 だから何かを知ることはおもしろい。

それでは明日のブログもお楽しみに。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

【日常】トイレ、その後に?

こんにちは。

今日は見方によってはちょっとばっちい話なので、お食事前後の方はご注意ください。

(お食事中に読んでいる人は、いないよね・・・??)







今日は久しぶりに、本格的なトイレ掃除をしたんですよ。

というのも、この前アパートの管理会社から連絡があって、

「アパート全戸のトイレに温水便座をつけるので、この土日で業者が工事しに行きます」とのこと。

気づいたときに手入れはしているようにしているんですけど、

便座の裏とか便器のフチとか、目立たないところの汚れがけっこう大変なことになっていて。

こんなのを外部の人に見られるのはマズイということで、ちょっと気合いを入れて掃除をしました。

一部の超ガンコな汚れを除いては取り除けたので、ひとまず安心です。


今私の家にあるのは、近くの安売りスーパーで買った、何の銘柄もないクリーナーですが

汚れに対してはなかなか強力で、満足のいく働きをしてくれています。

ただ、これを使った後はしばらくトイレの個室が塩素臭いんです(プールから上がった後の匂いというか)。

トイレの洗剤は大きく分けて「塩素系」と「酸性」があって、混ぜるとガスが発生して大変危険です。

昔、「塩素も酸も使ってません!」みたいなトイレ用洗剤のCMがあったけど、今も売ってるのかな・・・?

「サン◎ール」とか「ドメ★ト」のCMも、今じゃすっかり見ないしなぁ・・・。

「ブルー▲ット おくだけ」みたいに、手入れが簡単で済むような商品の方が売れているからかも・・・?


そういえば、戦国武将の中にもトイレに関するエピソードが残っている人がいますね。

上杉謙信が冬の寒いトイレで突然倒れ、そのまま息を引き取ったとか(死因は諸説あります)、

(おそらく)島根県で最も有名な武将・山中幸盛(鹿之助)が毛利軍に捕らえられた際

夜中に何度も腹痛を訴えてトイレに駆け込み、便器に突入して肥溜めから脱出したとか(汚い話でスマン・・・)。


そして何といっても、トイレに情熱を燃やした武将といったら武田信玄。

彼が自分専用にしつらえたトイレは、6畳の広さで畳敷き、おまけに水洗でお香まで炊かれていたそうで。

で、用を足しながら作戦を考えたり、書類の決裁をしたり(!?)していたと言われています。

『甲斐の虎』と呼ばれ恐れられた男のプライベートスペースは、やはり一味も二味も違うようです・・・。


そんな信玄は、トイレに行きたい時に『山へ行ってくる』と家臣に言ったそうです。

ある時、「なぜトイレを山と言うのか?」と疑問に思った家臣が、その理由を信玄にたずねると・・・

「それはな、山には草木(臭き)が絶えぬから」


いや、パソコンの前で「なんだコイツ!つまんない事言いやがって!」とか思わないでください!  

これは私が考えたんじゃないですよ?? 本当にこういう逸話が残ってまして・・・ 信じてー! (逃げるように退散)


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村


【雑感】ゲームと体力。

こんばんは。

明日は仕事が休みと聞いて、家でいつも以上にダラーッとしているブログ主です。

それでも、ブログは書きたい気持ちが強いので書きます。


このブログでも何度となく書いてきましたが、私は昔からゲームが好きです。

高校の頃までは親の目もあって、ほどほどにしていたのですけれども

大学に行って一人暮らしを始めると、学校もバイトもない日は1日中家でゲーム、なんてこともよくありました。

振り返ってみると、あの時期が一番そういう体力というか持久力があったのかな、と思います。

30代も半ばになった今では、せいぜい2時間も続けてプレーすると『お腹いっぱい』に感じてくるんです。

同じ姿勢を続けているのがしんどいとか、目が疲れてくるとか、若い時とは違うなぁという部分が出てきて。


決定的だったのは1年半ほど前、発売の半年前から予約するくらい楽しみにしていたソフトを

発売日の朝に購入し、徹夜する覚悟で始めてみたものの、夕方くらいには飽きてしまったという出来事でした。

もちろん、ゲーム自体は期待に違わず面白かったんですけど、やはり体力や気力が尽きてしまったというか。

あるいは『もう大人なのに、限りある時間をこんなことに使っていていいのか』という罪悪感というか。

もうあの頃のように、純粋にゲームを楽しむことはできないのか・・・  ゲーム好きというアイデンティティーが揺らぎます。

スマホゲームのように、ログインボーナス(毎日ゲームを起動すると、アイテムや特典がもらえるサービス)目当てで

1日のうちに短時間でも遊べて長期間続いているゲームはあるんですけどね・・・

ゲーム好きなら知らない人はいない(であろう)あの課長の言葉を借りれば

「カスカスになるまでやりたい」という気持ちが持てないのが、成長というのか老化というのか・・・

結局、明日はずいぶん放置していた据え置き型ゲーム機で、時間を決めて遊ぼうかな、と思った私なのでした。


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村

【関心事】パンに何はさむ?

こんにちは。

基本、その日の思い付きでお送りしているブログの主です。

今日は、ふと仕事中に頭に浮かんだ話題をひとつ。


みなさんは最近、サンドイッチを食べましたか?

スーパーやコンビニに行くと、ほぼ必ず売っているサンドイッチ。

中身もバラエティに富んでいて、たまに食べたくなるんですよね。

そんなサンドイッチに『名前の由来』らしきものがある、というお話です。


パンに何かをはさんだ食べ物は、古くから世界各地に存在したようですが

「サンドイッチ」という名前そのものは、18世紀のイギリスが発祥のようです。

イギリスにある「サンドウィッチ」という街を治めた、ある貴族にまつわるエピソードがあります。

一説によると、彼は三度の飯よりトランプを使った博打が好きで、

文字通り食事の時間も惜しいということで、2枚のパンの間に薄切りの肉などを挟んで

片手でカードを持ったまま食べるのが常だった、という話が伝わっています。

このエピソードが語り継がれ、「サンドウィッチ」→「サンドイッチ」となったというのですが・・・(もちろん諸説あり)。

真偽のほどはともかく、話のネタとして知っておくには面白いと思います。


で、実は私の知り合いにもサンドイッチが大好物だという男がおります。

偶然にも、彼もトランプを使ったゲームが大の得意。

特に、裏返したカードを2枚めくって同じ数字をそろえる、いわゆる「神経衰弱」が強いんです。

彼は、何のヒントもない状態でも、3組のペアを簡単にそろえてしまうんですね。

なんでかって? それはね・・・





「サンドイッチ」だけに、 『三度一致』・・・  ばんざーい!




「仕事中に、こんなくだらない事考えてたのか!」と呆れられる前に、逃げます。

では、またね。


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村