そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【戦国時代】シリーズ「落日」第2章・8 高国vs晴元、ようやく決着! 天王寺に散るのは、どっちだ?

こんばんは。

毎週土曜日のこの時間は、連載シリーズ「落日 ~室町幕府、終焉への道~」をお送りしています。

応仁(・文明)の乱に端を発し、幕府の中枢を揺るがし続けた権力争いにも、今回ようやく一つの決着がつきます。

互いに(自身の言いなりになる)将軍候補者を擁立して、その裏で権力を握ろうとした細川高国細川晴元

果たして、相手を政界から葬り去って最後に笑ったのはどちらなのでしょうか? さっそく見ていくことにしましょう。


前回の記事が終わった時点で、権力の中枢により近い位置にいたのは、高国の方でした。

高国は10代将軍・足利義稙(よしたね)に逃げられた後、その替わりとして足利義晴(よしはる)を12代将軍に立てて政権を維持していました。

一方、高国の追い落としを図る細川晴元は、父・澄元(すみもと)の実家がある阿波(徳島県)で再起の時をうかがっていました。

晴元にとって心強い味方は、重臣の三好元長(みよしもとなが)と、義晴の生き別れのきょうだい・足利義維(よしつな)です。

高国と義晴の政権に何か不祥事が起これば、その機に乗じて京へと攻め込み、義維を将軍につけようと画策していたのでした。

歴史は繰り返すといいましょうか、かつての『応仁(・文明)の乱』を思い起こさせる一大決戦の時が迫っていました。


そして、今日の『その時』は突然訪れます(←昔の歴史番組のパクリじゃねーか)

1526年、京にほど近いある国の守護を務める高国のいとこが、自分の重臣に言いがかりをつけて自害させる事件が発生します。

処刑された重臣の兄弟らがこれに怒り、高国陣営からの離反を表明すると、その国内はおろか京にも動揺が走りました。

高国の一族が支配する領地では、国人(こくじん、中小の領地を持つ武将たちの勢力)たちが高国の退陣を求めて次々と挙兵

この時を待っていた晴元と元長も、即座に阿波から兵を率いて海を渡り、近畿へと進軍します。

これに各国の反高国派も続々と合流し、1527年に起こった「桂川の戦い」で晴元率いる反高国連合軍は高国軍の主力部隊を撃破。

窮地におちいった高国は義晴を連れて京を脱出、近江へと落ちていきました。


京に入った晴元は当初の目論見通り、義維を新たな将軍にするよう朝廷に働きかけました。

ところが、朝廷もたびたび将軍が入れ替わる事態に頭を痛めていたのか、はたまた高国への遠慮があったためなのか

義維をすぐに次の将軍とは認めず、代わりに歴代の将軍が若い頃に任命された「左馬頭(さまのかみ)」の官位を与えただけでした。

とはいえ、高国・義晴が京にいない今、政治を動かせる立場にあるのが晴元と義維であることに変わりはありません。

義維も「近い将来、将軍になれるならいいか」と納得し、晴元らとともに畿内上陸後の拠点とした堺(現在の大阪府堺市)に戻りました。

これ以降、晴元らは京ではなくこの堺を本拠地として畿内の政治に参加したため、義維を「堺公方(さかいくぼう)」と呼ぶこともあります。


これで立場が逆転した晴元と高国ですが、高国も当然諦めた訳ではなく、相変わらず両者のにらみ合いは続きました。

そして再び、歴史が大きく動く『今日のその時』が・・・(←だからやめろって)


晴元が上洛し、義維が「堺公方」となってから4年後の、1531年。

逆襲の機会を虎視眈々(こしたんたん)と狙っていた高国が、ついに動き出しました。

憎き晴元から京を奪回するため、高国が今回協力をもちかけた相手は、備前守護代の浦上(うらがみ)氏でした。

前回も登場した浦上氏は、義晴がまだ「亀王丸」と名乗っていた時代にその身柄を保護していた家です。

浦上氏の当主・浦上村宗(むらむね)も、かつて世話をした義晴が政権に復帰すれば優遇してもらえると思ったのか、これを受け入れます。

また、晴元の重臣・三好元長が政治の進め方を巡って晴元と険悪な関係になり、阿波へ帰っていたことも高国には良い材料でした。


こうして、高国軍は東から、そして浦上軍は西から、それぞれ堺と晴元の首を目指して進軍を開始します。

軍団の”かなめ”である元長がおらず、兵力も少ない中で2方面から攻められた晴元は苦戦を強いられます。

さしたる抵抗もなく摂津国(現在の大阪府北部)・天王寺まで進出していた高国軍の勝利は、時間の問題かと思われました。


ところが・・・勝ちを確信した高国に、2つの誤算が襲い掛かります。

1つは、晴元の危機を知った三好元長が、すぐに阿波から堺へと戻ってきてしまったこと。

そしてもう1つは、共同戦線を張る浦上軍に裏切りが発生し、戦線が崩壊してしまったことです。


浦上軍を裏切ったのは、赤松晴政(あかまつはるまさ)という武将でした。

赤松氏はもともと備前・播磨などの守護を勤め、浦上氏を家臣として従えていた名門ですが

晴政の父・赤松義村(よしむら)は浦上氏に下剋上を起こされ、最後には命まで奪われてしまいます。

その跡を継いだ晴政の時代には、赤松氏は完全に浦上氏の支配下に置かれてしまっていたのでした。


『父の仇である村宗に、なんとか一矢報いたい』という想いを知ってか知らずか、晴政に裏切りを持ちかけた晴元。

もちろん晴政はこれにすぐさま応じ、晴元軍と対峙する高国・浦上軍の主力の背後を衝いて、大混乱に陥れます。

これで息を吹き返した晴元・元長の主力部隊も攻勢に転じ、戦況は一気に逆転しました。

1531年6月4日、播磨・大物(だいもつ、現在の兵庫県尼崎市)で決戦となり、高国・浦上連合軍は無残に壊滅。 晴元陣営の大勝利となったのでした。

浦上村宗は乱戦の中で討ち死に。 高国も数日後に捕まり(※)晴元の前に引き出され、切腹となりました(享年48)。

※戦場から落ち延びた高国は、尼崎の町の藍染屋の”かめ”に身を隠していたところを発見された、という逸話がある


こうして・・・細川政元の死から20年余りにわたって続いた跡継ぎ争いにも、ようやく終止符が打たれました。

しかし、この争いに生き残った細川晴元には、さらに大きな"難題"が待ち構えていることを忘れてはいけません。

自身が擁立した足利義維と、高国を失ったとはいえ(一応)正式な将軍である足利義晴との関係はどうなるのか。

また、頼れる重臣・三好元長も、一度は晴元の命令に背いて阿波へ帰ってしまっており、晴元に忠誠を誓っているとはいえない様子。

さらには、これから訪れる"戦国時代"に名を馳せることになる、勇将・智将たちが次々と生まれていることも・・・。

(1521年、武田信玄誕生。 1530年、上杉謙信誕生。 そして1534年、織田信長誕生。)


というところで、この連載の第2章「流転する将軍」も次回がいよいよ結びとなります。

室町幕府12代将軍・足利義晴は、細川晴元・三好元長とどのように付き合っていくのでしょうか。

そして、時代は着々と戦国の世へと進んでいきます・・・  室町幕府滅亡まで、あと40年余り(←これも昔あったよなー)

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
【日常】取り急ぎ報告。 体調はどうやら大丈夫です。

こんばんは。

昨日の記事では体調に少し不安があるということを書いたのですが、

今日1日過ごしてみて、どうやら取り越し苦労に過ぎなかったようです。

少しだけ鼻の奥がグズグズする感じはしますが、仕事は普段通りにできました。

ブログをご覧になった方にはご心配をおかけし、すみませんでした。

また、お名前は存じませんが拍手コメントでお見舞いの言葉を下さった方、ありがとうございました。


ひとまず、明日は仕事が休みになりますので、体調を万全に整えたいところです。

天気が良ければ、気分転換も兼ねて散歩などするのもいいかもしれません。

ドライブも楽しいけれど、車を運転した疲れというのは後から来ることが多いので・・・

ハンドルを握っている間は常に周囲の人や車に注意を向けているため、自覚はなくても集中力が削がれていきます。

仕事や用事で必要ならともかく、何もない時にまで『車を運転したい』とは思えない年齢になってきました。

もうちょっと先の話ですが、私が運転免許を返納するタイミングは、普通の人より早くなるような気もします。

その頃には、車の方も自動運転とか前方の障害物を感知して止まる技術などが確立しているかもしれませんし。


まぁ、その前に必要なのは『車を運転する人間の自覚とモラルの向上』だとは思っているのですが・・・

大げさな話ではなく、車は使い方を誤れば他人の命を奪う凶器にもなるし、時にはそのまま自分の棺桶にもなり得るのですから。

何かとスピードが要求される現代社会に車は不可欠な道具ですが、急ぐ心にブレーキを。 まこな。からのお願いです。


・・・と、こんな感じで普段と変わらないグダ話が書けるということで、体の方はやっぱり大丈夫そうです(笑)

そんなわけで明日の歴史連載も張り切っていきますよーってことで、どうぞよろしくお願いします。

ありがとうございました。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】何となく身体がダルイ。 寒暖の差か仕事の疲れか? 

こんばんは。

昨日までの陽気が一転、今日は一日雨が降って気温も上がりませんでした。

家の中も、窓の外が暗くなる頃には気を抜くと寒く感じるくらいです。

昨日の今頃はクーラーつけてたなんて、自分でもちょっと信じられないですね・・・

こうも気温の振れ幅が大きいと、体調管理が非常に難しくなります。

現にこれを書いている今、ちょっと身体がダルい感じがあり、心なしか喉の奥にも違和感があります。

今日の仕事が普段より忙しかったのも、ちょっと影響しているかもしれません。

先ほど体温を測ってみると平熱(より少し低いくらい)ではあり、食欲もあるので大事には至らないと思いますが

明日も仕事で朝が早いので、念のため今日は暖かくして早めに休むことにします。

今週は、土曜日は休みになります。 まずは身体が資本ということで、あと1日を何とか乗り切りたいです。


それでは、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【関心事】まめちしきー。 鮭ってなー、○身魚やねんでー。

こんばんみ(←古い)

今日は休みでしたが、やっぱり外が暑いので出かけたくありませんでした。

まさか10月になってクーラーを使うことになるとは思わなんだ・・・ そろそろ勘弁してください。


で、買い物にも行かずにパソコンでブログ書いたり調べものしたりして、ネタを見つけました。

あるサイトでクイズのコーナーがあって、今が旬?の「鮭(さけ)」について出題されていました。

サブタイトルでも何となくわかりますが、内容は「鮭って赤身魚?白身魚?どっち??」というもの。

はて・・・そんなの気にしたこともなかったな、と思って調べてみました。


結論からいうと、鮭は「白身魚」に分類されるそうです。

『赤っぽい色の身をしてるのに、白身魚とはこれいかに??』とお思いの方のために、ちょっと解説を。

そもそも魚の赤身と白身の違いは、魚体(?)を構成している筋肉の種類の違いなのだそうです。

マグロやアジなど赤身魚の筋肉は赤く、これは長時間泳ぎ続けるスタミナを生み出す『遅筋(ちきん)』と呼ばれるものです。

一方、タイやヒラメなど白身魚の筋肉は白っぽく、普段はゆったり泳ぐため遅筋はあまり必要なく、『速筋(そっきん)』という筋肉の種類です。

両者の違いは『ミオグロビン』というたんぱく質の含有量とか、酸素の運搬効率だとか・・・ まぁここでは専門的なことは割愛。

ちなみに、遅筋と速筋は人間にも備わっており、例えば陸上選手でもマラソンや長距離走の選手は遅筋を鍛え、

瞬発力が必要な短距離走や跳躍・投てき種目の選手は速筋を鍛えると良いそうです。 これも聞いた知識ですが。


で・・・肝心の鮭はどうかというと、タイやヒラメに近い筋肉の構成になっているそうで、分類上は白身魚ということに。

「じゃぁなんで白い身にならなかったの??」と思いますが、その赤さの正体って何だと思います??

鮭の身には『アスタキサンチン』という成分が含まれていて、これが赤く見せる原因とか。

また、エビやカニを茹でると赤くなるのも、この『アスタキサンチン』と同じ種類の成分が含まれているからだそうです。


これでまた一つ、賢くなっちゃいました。 新しいことを知るのは驚きと楽しさがあって、いいですのぅ。

だからといって、他人に「そんなことも知らないの?」とか軽はずみに言っちゃう大人にはなりたくないですけど。

知識の質と量だけで人生が決まるとは思いませんが、あって損になることは少ないので、どんどんシェアしていきましょう。


それでは、今日もどうもありがとうございました。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】今日は、税務署と歯医者へ行ってきました。

こんばんは。

タイトルにもある通り、今日は仕事帰りの寄り道が長くなっちゃいました。

税務署へ行ったのは、以前の記事でも話題にした『年末調整』についての問い合わせが目的。

手続きに必要な書類と、会社に確認しておくのが良い内容について聞いてきました。

基本的には、どこかの事業所に勤めていればその事業所の方で年末調整の手続きをしてくれるのですが

今の私の雇用形態が昨年までとかなり異なり、雇い元の会社がどこまで対応してくれるのかが不透明な状態です。

最悪『何もしてくれない』こともあり得るため、自力で確定申告をして払いすぎの税金を取り戻す方法も勉強中です。

現状、お金に関する込み入った知識は学校や会社で教えてくれることもないので、自分で身につけるしかありません。

『興味を持った事は頭に入りやすい』というのを信じて、地道にやっていきたいと思います。


あと、歯医者の方はこれまで通り古い虫歯の治療を進めました。

それは問題なく終わったのですが、ちょっと待ち時間が長すぎた・・・ 4時の予約なのに、呼ばれたのは5時過ぎだったよ。

それから治療してちょっと買い物したら、すぐ外は暗くなってしまいました。 もうすっかり秋だわね。

で、夕食をとって一服したらこんな時間になってしまい、あわててブログの更新画面を開きましたとさ。


ごめんなさいね、何の盛り上がりも細工もない量産向きの記事で。


明日は休みですが、何かブログに書けるようなことが起きればいいなーと思いつつ、早めに休みます。

季節外れの暑さと仕事の忙しさのためか、全身(特に腰のあたり)がダルいので・・・  ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村