そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【雑感】暑さ寒さも彼岸まで?と、常に頑張る必要もないのでは。

こんにちは。

昨日今日と、山陰は暑い日差しが復活しました。 外に出るとすぐに大汗です。

一方、東日本では8月に入ってから気温が上がらず、雨模様が続いているとテレビが報じていました。

「これは平年(平均値)並みとは違うから、今年は異常気象だ」と毎年のように言っている気がしますが

逆に「異常ではない気象」っていうのはどんな状態なんでしょう。 毎日同じような気温で、適度に雨が降って、自然災害も起こらなくて。

そもそも「平年」や「平均値」は一つひとつ山や谷があるデータを平らにならした状態に過ぎないので、

そのうちの一つだけを取り上げて見れば、平均値とぴったり一致することの方が少ないのでは。

基本的に言いっ放しのメディア報道に振り回されないように、自分の感覚や判断力を信じるのも大事かもしれません。

あと1か月もすれば、タイトルにも書いた秋の彼岸が来ます。 その頃には過ごしやすくなるのでしょうか・・・。


話は変わりまして、また仕事中にふと考えた事を。(もちろん、ちゃんと仕事はしてますよ?)

メンタルを弱めてしまった頃から、「頑張る」という言葉に違和感というか抵抗感を感じるようになりました。

それまでは、「頑張る」ことは無条件にいいことだと思っていました。

勉強も仕事も頑張れば頑張るほど、いい事が待っていると信じていました。 実際、いい事もいろいろありましたから。

自分の体や心が疲れていても、「頑張らないのはダメなことだ」と自分を追い立て、頑張ることをやめられませんでした。

誰かに負けるのが嫌だったのもあるし、別の誰かから『ダメな奴』と思われたくなかったからかもしれません。

その結果、限界を超えた心が折れて仕事や生活に支障をきたし、ついにはお医者さんの世話になる状態になりました。

頑張って頑張って頑張って手に入れた学歴や知識、お金などには替えられない『大切な何か』が壊れてしまったのかもしれません。


そうして今は、自分が頑張りたいと思える時にだけ頑張ればいいのでは、と思えるようになりました。

でも本心では、『頑張る』という表現じたいを見直してもいいんじゃないか、とも思っています。

『がんばる』って、響きからしてめっちゃ力入れてないといけない感じがするじゃないですか。

『が』『ば』ってどちらも破裂音(はれつおん)で、相手に強い印象を残す音ですし。

聞く方からすると、一瞬身構えてしまうようなフレーズだと思ってしまうのは、私だけでしょうか。


それに、自分の中で頑張る状態がデフォルト(標準)になってしまうと、本当に頑張らないといけない場面はどうするのでしょうか。

以前の記事にも書きましたが、「もっと頑張らないと」で乗り切ろうとすると、いつかどこかで行き詰まります。

「ここぞ」という場面でもう一段階自分にブースト(加速)をかけられるだけの力は、「いつでも頑張る」状態からは生まれづらいです(自分の経験から)。

同時に、他人に対しても「(自分はこんなに頑張っているんだから、お前も)もっと頑張れ」というプレッシャーを無意識にかけていないか、振り返るのもアリかもしれません。


「頑張ること」そのものを否定はしません。 ツイッターの「今日も頑張りましょう」が嬉しい時もあります。

でも、あまりにも気軽に乱発しすぎると、いつか誰かがそのツケを払うことになるよ、ということを言いたかったので書きました。


今日は以上です。 ありがとうございました。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村
【日常】1週間ぶりの完全休養日。 歯の治療もして、再始動です。

こんにちは。

昨日は6連勤を終えた開放感もあり、記事をお休みさせて頂きました。

仕事の方は無事にこなせました。 体力も気力もどうにか保ったようです。

夜風呂に入ったとき、腕が少し痛くて重く感じたのですが、今日はそれもとれています。

これで明日から、また仕事を頑張ることができそうです。


あと、歯医者の予約をしていたので夕方行ってきました。

奥歯の治療がもう少しで終わりそうで、次回には最後の詰めをするそうです。

この1本を治療するためだけに3年近く(!)通っていますが、それも決着がつくでしょう。

あとは、その隣の親知らずをいつ抜くか・・・という相談をしないといけませんけども。

歯医者に行くようになると時間もお金もかかるし、虫歯にはならないに越したことはないですね。

大人も子どもも、口と歯の健康を保つために小まめなケアを欠かさないようにしましょう。


それでは、また明日からもいろいろ書いていきたいと思いますので、よろしくです。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村


【その他】小休止、いただきます。

こんにちは。

本日、6勤目が終わって自己記録更新です。

ちょっと頭と体をリセットしたいので、今日の記事はお休みということにします。


日本の歴史に新たな『終戦の日』が書き込まれないことを祈って。


2017年8月15日  まこな。拝

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

【日常】5勤目が終わり、自己記録に並ぶ。明日の勤務を終えて見えるものは?

こんにちは。

今日もどうにか無事に仕事をこなすことができました。

忙しく動き回っていたせいか、お腹はしっかり空いています。 夏バテはどこへやら。

これで6連勤のうち5勤まで終わり、この職場での自己記録タイとなりました。

入った次の週くらいに、まだシフトが固まっていなかったこともあって5連勤があったのですが

この時の5勤目がとんでもなくしんどかったことを思えば、今回はかなり状態が良いです。

仕事を3か月続けて、スポーツ選手じゃないけれど「身体の使い方が分かってきた」という感じに近いかもしれません。

同時に、(余計な)力を抜いていい場面も見えてきたので、体力の温存もできて気持ちにも余裕が出てきました。

明日は自己新記録となる6勤目となります。 果たして、無事に乗り切ることはできるのか?


そういえば、今日帰るときにタイムカードを見て分かったのですが、8月は1日から15日までで休みが3日間だけでした。

15日間で12日も仕事をしていたと分かり『相撲で言ったら12勝3敗だな、優勝はムリでも敢闘賞くらいもらえないかな』なんて思いました。

明日を無事に乗り切れたら、何か自分にご褒美を出すのもいいかなと思ってます。(よくある「千秋楽に勝ったら」という条件です)

今はいい流れで仕事ができているので、明日も変に張り切らずにいつも通りの気持ちで臨んできます。

では、これから飯食って少し休んで、眠くなったら寝ます。  願わくば、また明日。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村



【雑感】痛みに耐えさせるより、手当ての仕方を身につけさせるのが教育ではないか、と。

こんにちは。

今日言いたい事はタイトルの通りなんですけど、説明が必要ですよね。

うまく伝わるかどうか分かりませんが、6連勤の4勤目で考えていたことを書きます。


例えば、転んでひざを擦りむいた子どもがいるとしますよね。

泣きわめいているその子を見て、あなたはどうするでしょうか?

「知らない子だから」と見て見ぬふりをして立ち去る人もいるでしょう。

「大丈夫?どこが痛いの?」とすぐさま駆け寄って頭を撫でてあげる人もいるでしょうか。

親であれば「何やってるの! 泣いてないで立ちなさい!」となるかもしれません。

どれが正解とか不正解とかはないのですが・・・  子どものひざの傷は誰が手当てするのかな?


大人は子どもに対して、痛みとか苦しみを「我慢しなさい」と言うことが多い気がします。

自分が子どもだったとき「自分も、親や周りの大人から『それくらい我慢しろ』と言われて育った」からかもしれません。

あるいは「大人になったらもっと痛いこと、苦しいことがあるから耐える力をつけなさい」ということを教えたいのかも。

その気持ちも分からないではないですが、それで本当に子どもは痛みや苦しみに立ち向かえるでしょうか?

痛みや苦しみを我慢すること、そしてそうするしかない自分自身が嫌になって、挑戦することを諦めてしまわないでしょうか?


確かに、世の中に出れば理不尽な痛みや苦しみは、いつでもどんな場所でも降りかかってくるものです。 

それを「自分が我慢していれば、いつか解決する」と必死で耐え忍ぶ大人の姿は、哀しいと思います。

RPGの戦闘中に「防御」を選び続けても敵には勝てない(敵が逃げることもありますが、経験値は手に入りません)ように、

どこかのタイミングで「攻撃」なり「回復」をしないと、いつかはこちらのHP(ヒットポイント)が0になって倒れてしまうのではないでしょうか。

特に大事なのは、自分自身で「回復」する方法を知っておくことだと思います。

美味しい物を食べる、好きな音楽を聴く、好きな場所に出かける、あえて苦手な人としっかり話をしてみる(高難度)など、

「我慢する」以外の行動オプションをいくつか持っておくと、ストレスとの付き合い方が少しでも良い方に変わるはずです。

できたら、私も含めた大人たちがその事を子どもや若い世代に伝えていってほしいと思っています。


こう言うと「子どもを甘やかすな!」と反論も受けそうですが、

甘えを許されなかった子どもは甘えを許さない大人に育つ気がします。 それでは多分何も変わらないし、何も生まれません。

自分はどういう生き方をしたいのか、どう生きるのかを選ぶのは子ども自身ですが、その選択肢の大半は大人が与えるものです。

人生の厳しさや苦しさだけでなく、どうやってそれを乗り越えた(やり過ごした)のかを伝えることは、甘やかしでしょうか。


・・・ちょっと堅苦しすぎましたかね。

日曜の夕方で『笑点』の大喜利を見ながらする話題でない事は、確かなんですけどね(←本当だよ)

まだまだ暑い日が続きそうですが、なんとか乗り切っていきましょう。

では、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村